輝きを失わない為にやるべき事!女性ホルモンを増やす方法を知ろう

免疫抑制を抑える力

メディシン

がんの予防などに良い

怖い病気の一つにがんがあります。多くの人にはがんの元が日々できているとされています。でもその人たちの全てががんの発症をするわけではありません。がんができたとしても、影響が少ない状態ですぐに死滅すれば、発症には至りません。しかし、免疫力の低下などでがんの影響力が強まることがあります。すると、そこからがんが大きくなり、発症してしまう場合があります。この時、免疫抑制細胞が免疫力でがんを増殖するのを抑えるのを抑えてしまうとされます。シイタケ菌糸体は、この免疫抑制細胞の働きを抑える力があるとされます。シイタケ菌糸体によって免疫力の力が衰えないので、しっかりがんの抑制をしてくれます。がんになりにくい状態を作ってくれます。がんでない人ががんになったとき、免疫抑制細胞の増加が認められています。そのまま治療しなければ、どんどんその細胞が増え、免疫力を奪います。シイタケ菌糸体を利用すると、免疫抑制細胞を減らすことができ、その分免疫力が働いてがん細胞を減らそうとしてくれます。現在のがん治療では、外科手術、抗がん剤、放射線があります。抗がん剤は副作用もあり、治療につらさがあるとされています。シイタケ菌糸体を利用すると、治療時の免疫力や体力を維持しやすくなります。他の治療をしながら行うことができるので、辛さを軽減することができます。薬であれば副作用が気になりますが、食べ物の成分を抽出しているので、副作用を意識することなく使うことができます。